メニュー詳細

オブジェ北24条は基本的にドライカットです

オブジェ北24条店のカットは基本的に「ドライカット」で行っています(※一部例外あり)。ここでは、ドライカットとはどんなカットなのか?また、どんな特徴があるのかをお伝えします。

 

ドライカットは理想通りの仕上がりに近づけるカット技法

ドライカットとは、

「最初から最後まで髪を自然な状態に乾かしてから切るカット方法」

のことです。

髪を乾かしてから仕上がり時と同じ状態でカットするので、従来の濡らして均一的に切るカット(=ウェットカット)よりも髪のクセやボリューム感、微妙なタッチなどを正確に切ることができます。

 

つまり、

『お客様の理想通りの仕上がりに限りなく近づけるオーダーメイドで作り上げるカット技法』

なのです。

もう少しだけドライカットの特徴について触れておきます。

 

ドライカット5つの特徴

1.ヘアスタイルの再現性が高くホームケアが簡単

ドライカットは髪が乾いて自然におさまる所で、一束一束ていねいにカットしていきます。もちろん髪の生え方にクセのある方やふくらみやすい方でもその人のクセやボリュームなどを考えて切っていくので、ご家庭でお手入れをする時、ブローが苦手な方でもスタイリングが簡単にできます。

 

2.髪に動きが出る

オブジェ北24条店の提案するドライカットは、従来の濡らして切るウェットカットのように髪をまとめて切っていくのではなく、もっと細かいピース(毛束)で少しずつ切っていくので、髪が細かい一束一束のピースで動くようになり、ウェットカットではできないような希望通りの髪の動きを表現することができます。

 

3.スタイルが長持ちする

髪を乾かして自然におさまる位置を計算し、その髪が1ヶ月後、2ヶ月後どのように伸びていくかを考えてカットするので、時間が経ってもスタイルが崩れず長持ちします。

 

4.髪がきれいに見える

一般的に髪を軽く見せようとすると、むやみに「そぎ」が入っていることが多いので髪がバサバサ見えます。しかし「ドライカット」では、髪を細かく「切る」ことで軽さの中にもツヤがあり、髪がきれいに見えます。

 

5.その人らしさをトータルで考える髪はその人の印象を大きく変えます。

ヘアデザインをイメージする時、そのお客様のトータルバランスから考えていくことを最優先にしています。振り向いた時の髪の表情まで考えてカットできるのは「ドライカット」ならではです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

takeuchi

オブジェ北24条オーナー。パーマやカラーの仕上がりの良さはもちろん、環境保護や健康への効果等、今求められている全てをクリア出来るよう日々努力している。

最新記事 by takeuchi (全て見る)

コメントを残す

*

Top